Wi-Fiと光回線はどのような点が異なっているのか

インターネットの利用を考えているならば、Wi-Fiと光回線が気になるという方は多いでしょう。この2つはよくその名を聞くことが多いからです。どちらもインターネットに関係のあるものであると理解している方はたくさんいるでしょう。それでは具体的にそれぞれどのようなサービスなのか、どのような利点がありどんな違いがあるのかを理解している方は少ないでしょう。インターネットやパソコンなどのことについて詳しくないという方はたくさんいます。そういう方であってもインターネットはぜひともやりたいものでしょう。便利なネット環境を整えたいと願っている方は多いです。

そのような方のためにこちらではWi-Fiと光回線の違いについて説明しましょう。これらにどのような違いがあるのかを分かりやすく教えます。もしこの2つの違いについてこれまであまり考えたことがなかったり、違いがよく分からないという方がいるならば、ぜひとも参考にしてください。

光回線とは

光回線というのは光ファイバーを用いたインターネット回線のことです。こちらでは光ファイバーの中を光がどんどん伝わっていきます。これによって情報の伝達を可能にしています。光というのはこの地球上で最も速いものです。そんな光ができるだけスムーズにスピードが落ちることなく伝わっていくように工夫されているのが光ファイバーです。ファイバーと呼ばれるものの中を光がどんどん反射しながら進んでいきます。最短距離を進んでいくため、情報の伝達効率がとても良いのです。

現在利用可能なインターネット環境の中では光回線が最もスピードが優れているものとなっています。そのため、高速度のインターネットを利用したいという方はぜひとも光回線を利用してみると良いでしょう。こちらを導入することによって、インターネット環境に不満を覚えることはなくなるでしょう。ただし、利用するためには自宅内に回線を引き込む必要があり、これには工事が必要となります。工事は予約がいっぱいになっていることがあるため、注意しましょう。1ヶ月近く待たされることもあります。それだけ光回線の需要は高いのです。家庭でもオフィスでもあらゆるところに光回線は浸透しています。

Wi-Fiとは

Wi-Fiというのは最近よく見かけることが多いでしょう。こちらはケーブルを用いずにインターネットに接続できるというものです。つまり、いわゆる無線LANのことであると考えておけば良いでしょう。たとえばパソコンやタブレット、スマホなどをWi-Fiによってネットに接続できる状態にできるのです。Wi-Fiのルーターからは無線の電波が出ています。こちらを受信することでネットに接続が可能なのです。

Wi-Fiルーターこれまでインターネットの環境を整える際にはケーブルが邪魔になっていたことが多かったです。そのような問題を解決することができます。電波が届くのであれば、家の中のどこであってもネットに接続できるようになります。複数の端末を同時に接続することもできるのです。家庭内にあるいろいろな機器を無線で接続することができます。たとえばプリンターと接続をすることで簡単に印刷ができるようになります。テレビで録画しておいた番組を無線で通信することで離れた場所にある端末に接続して鑑賞するということもできます。

このようなWi-Fiのサービスを利用するためにはインターネット回線とWi-Fiルーター、そしてWi-Fiに対応している端末が必要となります。最近の端末であれば、ほとんどがWi-Fiに対応しているはずです。たとえば最近のノートパソコンだとWi-Fiに対応しているけれども、有線のアダプタがないというケースも少なくありません。

Wi-Fiならば、たとえば固定回線が光回線のときにそれを無線で使えるようにもできます。光回線をWi-Fiで使うことができると高速のインターネット通信を無線でも体感できるようになるでしょう。無線LANの接続はスピードが遅くて安定しないと考えている方がいるかもしれません。しかし、元の回線が光回線であれば、スムーズなネットを楽しめるでしょう。

また、最近はモバイルWi-Fiというサービスも登場しています。こちらはスマホや携帯電話などのように外出先でもネットに接続できるようになるサービスのことです。小型のルーターを用いて、それが電波局から届く電波をキャッチするのです。それをスマホやパソコンなどの端末に接続します。たとえば外出先でノートパソコンをネットに接続することができるのです。

Wi-Fiと光回線はどちらの方が良いのか

上記のようにWi-Fiと光回線というのは基本的に比較できるものではありません。Wi-Fiはそもそも無線LANを使えるシステムのことであり、光回線はインターネット回線そのもののことです。Wi-Fiは元のインターネット回線がなければルーターだけがあってもネットに接続することはできないのです。そのため選択としては、固定回線のみを用いるか、それにWi-Fiルーターを導入して無線でもネットを使えるようにするかという2つがあります。

Wi-Fiルーターを購入すればすぐに無線でもネットに接続することができます。ルーターの代金以外には費用はかかりません。そのため、基本的にWi-Fiを導入するデメリットはあまりありません。家族が複数いたり、家が広いならば、Wi-Fiをぜひとも導入してみましょう。

まとめ

Wi-Fiと光回線にはどんな違いがあるのか紹介してきました。いろいろな場所でよく聞くことの多いこれらの用語なのですが、Wi-Fiは無線でネットを接続するための方法やシステムのことであり、光回線は光ファイバーを用いたインターネット回線のことだったのです。そのため、これらは比較をするものではなくて、それぞれ全然違う種類のものだということが分かります。

Wi-Fiはとても便利なものです。これによって、無線の電波を受信することでさまざまな機器をいろいろな場所でネットに接続できるようになります。Wi-Fiで接続された機器同士がデータのやり取りをすることができます。また、光回線は高速のインターネット通信を可能にしてくれるものです。光回線をWi-Fiによって無線LANにすることもできます。そうすれば安定した高速通信を複数の端末で無線で利用できるようになるでしょう。

Wi-Fiや光回線はどちらも便利なものです。ぜひとも検討してみましょう。